中華ソバていく(2)〜佐賀市初の昆布水つけ麺!美味しすぎて感動しました・・

目次

店舗詳細

  • 店名   中華ソバていく
  • 営業時間 11:30~14:30
  • 定休日  月曜日、祝日
  • 住所   佐賀市兵庫南2丁目736
  • 電話   不明
  • 駐車場  店舗敷地内、他店舗と共同

佐賀めし君の感想

佐賀市兵庫南の「中華ソバていく」、紹介するのは2回目です。最近始まった「昆布水つけ麺」をさっき食べてきてちょっと今大興奮して急いでパソコン開きました!佐賀市内でレギュラーメニューとしての昆布水つけ麺は初です、ついに来た!切望してた!ぎゃぁぁぁ!前回食べた別メニューの記事はこちら。

外観
営業時間の案内

味玉昆布水つけ麺(醤油)

味玉昆布水つけ麺、醤油
つけ麺全体

こちらです!澄んだ昆布水に浸った美しい麺線の麺、そしてキラキラなつけ汁。写真じゃ伝わらないのが残念、着丼した瞬間めちゃくちゃ出汁の香りがすごいです!

麺アップ
食べ方の案内

昆布水つけ麺が初めての人でも安心、推奨の食べ方の案内が。あくまで「推奨」なのが店主さんの親切味ですね。

麺上げ

まずは何も付けずに麺のみを。モッチモチでしっっっかり小麦が香ります。あんまり美味しいのでうっかり3分の1くらいそのまま食べてしまった。お次は2種類の塩を交互に楽しんで。ちょっとずつ付けながら小麦本来の甘さを引き立たせて楽しみます。麺量は茹で前200gだそうです。

つけ汁アップ

後半はつけ汁にダンク!鶏、新しく仕入れたという長崎県産の煮干し、梅酢のマリアージュ。そこに醤油のエッジ。美味すぎる。本来なら麺を食べ終わった後は昆布水を投入して薄めて飲むんだけど、美味しすぎて止まらなくて原液で全部飲んじゃった;味玉はしっとり、低温調理であろう薄切りの柔らかいチャーシュー、しっかり味の付いたほどける柔らか太切りメンマ、全てがパーフェクト!本当嬉しい。東京や大阪、都心部では当たり前に食べれる昆布水つけ麺がだいぶ遅れてやっっっと佐賀市にも。しかも形だけの真似っ子では無くちゃんとハイクオリティな一杯が。通っちゃうよね、次は塩にしよう。店主さん、東京は明大前の「中田兄弟」(現在は閉店)で修行されてます。一部ネットの情報で、新宿の「金色不如帰」で修行したって誤情報が出てるのでお間違いの無いように。

ねぎ飯

ねぎ飯

こちらも新しくメニューに仲間入りしたねぎ飯。良い塩梅でご飯がススム!そして白ご飯自体がしっかり美味しいです。

メニュー

食券機
食券機下段

食券制です、店内入ってすぐ右手にあります。両替はしてもらえますが一万円札は使えないのでなるべく崩して準備しておきましょう。佐賀めし君はラーメン屋に行く時のマナーだと思っています。

No49 佐賀めし君のつぶやき

ちゃおっす、佐賀めし君です。も〜〜〜〜〜何回も言うけど本当嬉しい!!!豚骨ラーメンももちろん愛してるけど、最近は中華ソバていくか麺やKyuに夢中だよ。麺が美味すぎるんだよな。今日、ていくにハイスタのTシャツ着て行ったらバンド好きの店主さんに褒めてもらった(照) 佐賀めし君の友達に、東京生まれ育ちで佐賀来て2年くらいの男の子がいるんだけどね。そしてその子もラーメンフリークなんだけどね。たまに一緒に酒飲みながらその2店を褒めちぎってる笑 あーー早くこの美味しさを書きたくて夢中でパソコン叩いてたら肩バキバキ。でも書いてて楽しかったな。

今夜はとある中華おじさんとジガーバースタート。バイトのあいつは今日入ってんのかな?おしまい

よかったらシェアしてね!
目次